Wooden Cabinet天然木を使用した木製キャビネット特集

主役はソファーだけじゃない

リビングの主役になるソファーだけでなく、コーディネートするキャビネットやテレビボードなども素材や色合いにこだわって選ぶことでお部屋の印象はグッとおしゃれな雰囲気になります。
ノーチェのキャビネットはシンプルな構造でもちょっとした変化のあるデザインで空間にアクセントを与えられるシェルフや、全体的にすっきりと見える脚つきのキャビネットなど、特徴も様々ですがデザインだけでなく素材や使い勝手にもこだわったものが盛りだくさん。多種多様なアイテムがそろっていますので理想とするキャビネットがきっと見つかるはずです。収納力のあるものならお部屋を整理整頓しながら使用できるので、キャビネットやシェルフをうまく活用することでリビングコーディネートがよりおしゃれに快適にお楽しみいただけます。

おすすめは、
使うごとに“味”がでてくる天然木

Recommend

おすすめはノーチェが提案するブルックリンスタイルや北欧ヴィンテージによく合う、オークやアッシュなどの天然木を使用した素材の雰囲気をダイレクトに味わえるキャビネットです。ノーチェでは天然木無垢材の板をつなぎ合わせた集成材を使用しているものが多く、一枚板でできた高価なものより手頃な価格帯で天然木の素材感をお楽しみいただけます。

続きを読む

愛着のわく家具へ

また、天然木のアイテムはどれも木目や風合いを生かすためにオイルやワックスで薄く塗装をして仕上げているので木本来の上質な雰囲気を感じることができます。魅力は使うほどに色合いに深みがでてきたり、クラックができたりなど独特のこなれ感が出ること。使うごとに“味”がでてくるのが天然木ならではの特徴です。アンティークのような風合いになり世界にひとつだけのものを育てるのも楽しみのひとつです。

天然木は定期的にお手入れをしながら使うことで長く愛着を持ってご使用いただけます。天然木の風合いがリビングにプラスされることで空間の表情は柔らかくなりますし、高級感や深みが増したお部屋づくりができます。

閉じる

キャビネット選びのポイント

用途を具体的に確認

キャビネットを選ぶ前に用途を確認しましょう。どのスペースでどのように使用したいなど、用途はより具体的だと選びやすいです。
例えば、リビングに置くテレビボードを選ぶ際、収納するDVDやBlu-rayがたくさんある、なんて場合は引き出しや棚板付きなどの様々な仕様の収納が確保されている方がおすすめですし、本をたくさん収納したいけど写真もディスプレイしたい場合は扉がないタイプのシェルフを選ぶとどちらの用途も叶えられておすすめです。

配置する場所のサイズ

配置する場所のサイズを測っておきましょう。
横幅はもちろんですが意外と見落とし勝ちなのが奥行きのサイズです。奥行きがあるキャビネットの場合はいざ配置した時に想像以上にスペースをとる場合がありますので事前に配置するスペースの幅と奥行きの寸法をきちんと測って確認しておくことをおすすめします。

デザインや素材などに注目

用途やサイズを確認できればあとはデザインや素材などに注目しながら選んでいきましょう。
脚付きのタイプは見た目にもすっきりおしゃれに見えてお掃除もしやすく便利ですし、木製の棚板にブラックスチールを取り込んだ異素材の組み合わせがおしゃれなシャルフやテレビボードなどもあります。

line
instagram

その他の特集