●リビングコーディネートの肝になるソファ

厚みがありどっしりとした重厚感のあるボディと革張りならではの上質な質感がマッチしたソファーです。座面部分に厚みがあり、アーム部分にもしっかりと幅を持たせたデザインとなっていますので、本革の雰囲気をダイレクトに感じることができます。また、濃いブラウンの色合いが何ともおしゃれでハイセンスなポイントです。リビングに配置するとグッと空間が引き締まりますので、コーディネートの肝になり、その他のアイテムに個性的なデザインをチョイスしても引けを取りません。座面下に備え付けられた木製フレームがアクセントになり、北欧風、ブルックリンスタイル、ヴィンテージ風と様々なスタイルに調和するソファーとなっています。

●武骨ながらも使い勝手は抜群

マンゴーウッドの木目が美しいローテーブルは、淡いナチュラルな色合いに濃くはっきりと浮き出たランダムな木目が武骨な雰囲気で、ヴィンテージ風の雰囲気も持ち合わせていますのでレザーソファとの相性がよいアイテムとなっています。高さを低く抑えているので、リビングの中央に配置することの多いローテーブルとしては圧迫感を感じさせないデザインとなっていて、棚板も設けていますので使い勝手も考慮されたクオリティの高さも魅力です。左右の脚フレームがマットな質感のブラックスチールなので、革張りソファとコーディネートするとまるでNYのアパートメントの一室にあるような雰囲気のあるリビングコーディネートが実現できます。

●粗削りな風合いがヴィンテージ感を演出

ローテーブルと同じくマンゴーウッドの独特な木目の雰囲気が風合いたっぷりのTVボードです。こちらは天板やフレーム部分にガルバナイズトのスチールを取り入れていますので、ローテーブルよりもインダストリアルな要素が強い仕上がりとなっています。粗削りな天然木の風合いとスチールとの異素材の組み合わせがヴィンテージ風を盛り立てます。ハードな印象ですが天然木が持つナチュラルな色合いと取っ手部分のレトロなデザインが全体の印象を和らげており、コーディネートしやすいものとなっています。

line
instagram

その他の特集