2020.01.17

日記

アップグレードされたソファー ウォルナット無垢材と本革でさらに豪華な装い



今週は、2回目のバージョンアップとなる木製フレームのソファーをご紹介させていただきたいと思います。
今回で、2回目のリニューアールになるため、初代から数えると3代目となります。
前回は、木製フレームを「ラバーウッド、ナチュラル仕上げ」から、「アッシュ材、ウォルナット色」にして、完成品から組み立て式に変更しました。
今回は、木製フレームに「ウォルナット材無垢、ナチュラル仕上げ」、張り地には本革を使い、このソファーで「これ以上のバージョンアップはなし」と言うくらい豪華な仕様となっています。
木製フレームの素材は、ラバーウッドからアッシュ、そしてウォルナット、生地素材もファブリックからPVC、そして本革と3段階でグレードアップしています。
このリニューアールで価格も上がってしまいましたが、その価値は充分あるかと思います。

<デザイン>
特徴のある木製フレームのデザインは、デンマークの巨匠のものに基づいています。
世の中に出回っている木製フレームの「ミッドセンチュリー系」は、ほぼこのデザインと言っても過言ではありません。

ただ全体を見ると、随所にオリジナルデザインと違うところがわかります。
今回、完成品からKD(ノックダウン、組み立て式)に変更し、輸送コスト削減と設置の際の利便性を実現しています。
それに伴って、ボトムのフレームの前と

後をシートの中に埋め込んで、組み立て易くしてあります。
オリジナルのバックのラダーも同様に無くしてありますが、同じ理由です。

全体のイメージは、ミッドセンチュリーの雰囲気を充分味わえ、更に高級素材を使用しているため、高級感や重厚などが一層増しました。

<おすすめポイント>
おすすめのポイントは、ウォルナット無垢材と本革シートとのマッチングによる、高級感や上質感でしょう。

ウォルナットオイルステインは、他の木材をウォルナット色に仕上げる物とは比較できないほどの上質な雰囲気を持っています。
フレームに使われている仕上げは、ナチュラルで「これが本物のウォルナット色」なのです。
僕も初めは、ウォルナット材を所謂「ナチュラル色に」に濃い茶色、「ウォルナット色で仕上げるもの」だと思っていました。
実は、ウォルナットナチュラルが濃い茶色(ウォルナット色)なのです。
そしてウォルナットならではの美しい木目があり、ナチュラルで仕上げることにより一層際立たせています。

おすすめポイントとなる本革は、滑らかでこちらも全体を高級なイメージに導いています。

この両素材を組み合わせる相乗効果で従来の印象から、高級な印象に変わりました。

<インテリア>
インテリアの観点ですが、カフェ、ナチュラル、シンプルからブルックリンなどの硬いインテリアまで幅広く対応できます。
ソファー本体に主張があるので、設置することによってお部屋のインテリアがランクアップされること間違いなしでしょう。

<カラー、サイズ、タイプ、価格>
カラーは、キャメル

ブラックの2色で

タイプは、2シーターと

3シーターの2タイプとなっています。
サイズは、前のバージョンと変わりません。


画像は、前のバージョンのものとなっています。
さて、価格ですが、送料、設置料無料(ネットは便宜上10円)で2シーターが88,000円
3シーターが98,000円と送料を考慮すれば、バージョンアップでも大きな価格差ではありません。
ウォルナット無垢材と本革のコンビネーションによる、重厚かつ高級感溢れるソファー、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

〇NC130Aソファー
 2人掛け(キャメル・ブラック):88,000円【送料開梱設置無料・税込】
 サイズ 幅126×奥行76×高さ77(44.5)p
 3人掛け(キャメル・ブラック):98,000円【送料開梱設置無料・税込】
 サイズ 幅171×奥行76×高さ77(44.5)p

正月気分もすっかりなくなった今週ですが、真冬とは思えないほど暖かな日がありました。
ただ、明日は関東でも雪の予報が出ています。
その週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、札幌、大阪を除いて雪やくもりとはっきりしないお天気になるそうですが、日曜日は、全地域でまずまずとなるそうです。

お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄り頂ければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

〇NC130Aソファー展示店
2人掛け(キャメル): 下北沢店
2人掛け(ブラック): 渋谷店
3人掛け(キャメル): 日野橋店
3人掛け(ブラック): 吉祥寺店