2019.12.13

日記

新入荷のダイニングチェア ライフスタイルホテル系と抜群な座り心地



今週は、ホテル系やネオノルディック(新北欧スタイル)、ブルックリンなどの「今」を感じさせるダイニングチェアをご紹介させていただきたいと思います。
最近、続々とライフスタイルホテルが建築されたり、リニューアルされたりしています。
これらのホテルを「ライフスタイルホテル」と呼んでいます。
新宿や渋谷、上野、浅草界隈に続々オープンしているライフスタイルホテルですが、「暮らすように泊まる」がコンセプトで、旅行やビジネスの時に泊まるホテルとは、目的で少し違います。
僕も「旅行には行けないけれど気分を変えたい」時に使っています。
インテリアサイドから見ると、パリやミラノ、ブルックリンなどに、「内装や家具からフードや音楽にもこだわった」プチホテルでしょうか。
そして、ロビーにある、フードもアルコールも充実なラウンジ・・・・。
そんなホテルの部屋やラウンジにある家具・・・抽象的ですが、「ホテル系」と呼ばせていただきたいと思います。

<デザイン>
デザインは、背もたれが扇形に開くミッドセンチュリー系に基づいています。

バックビューだとよく分かります。

背もたれ内側は、湾曲し縦にラインが刻まれ手います。
これにより、硬さが取れ全体をクラシカルかつ高級なイメージへと導いています。

このチェアのデザインで最大のポイントは、テーパードされたブラックの脚とその先に着いているブラスなのです。
先週もこの形式の脚をソファーで御紹介させていただきましたが、ブルックリンや北欧系の新しいトレンドのような気がします。

<おすすめポイント>
おすすめのポイントは、まずベルベットのファブリックを使用した座面と背もたれです。
質感もよく、ハイグレードで「今」を感じるインテリアが実現できるでしょう。

そして一番のおすすめポイントは、チェアの要素として最も重要な「座り心地」でしょう。
背もたれの丸く内側に向かうラインが、しっかりとまた心地よく背中にフィットし、奥行きのあるやや硬めなクッションを持つシートは、腰への負担も少なくしっかりと心地よくサポートしてくれるのです。
「はりぐるみ」チェアの有効性を最大限活かしていると言えるでしょう。

<インテリアとカラー>
インテリアの観点ですが、カフェ、ホテル、ラウンジ系からブルックリンやネオノルディック(新北欧スタイル)とやや限定されますが、絞りかまれている分、それ程難しくはないかと思います。

カラーは、ブルー

グリーン

グレーの3色となっています。
ベルベットを使用しているため、どの色も上質でシルキーなイメージとなっています。


<サイズ、価格>
サイズは、上記のようになっています。
奥行きが60CMあるシートと、背もたれの湾曲で極上な座り心地を確保しています。
さて価格ですが、送料無料、税込で13,800円とかなりお値打ちでコストパフォーマンスの優れたチェアと言えるでしょう。

今を感じるデザインとカラー、ベルベットの質感、抜群な座り心地、実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います

今週、12月とは思えないほど暖かな日もありました。
例年の事ですが、全く「年末感」もクリスマス感もありません。

昨晩12日は、コールドムーンと呼ばれる今年最後の満月でした。
下北沢の駅前広場にも輝きました。
クリスマスツリーも輝いていましたが、なにか少し「せつなさ」を感じてしまいました。
確かに「クリスマスのバカ騒ぎ」に批判もありましたが、それはそれ年末、年忘れでよかったのでしょう。
街角のクリスマスツリーもあまり見かけなくなりました。

今週末NOCEのある地域の歩天気ですが、土曜日の札幌、新潟をのぞいてまずまずとなるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄り頂ければと、全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

SDR3100チェア
¥13,800【送料無料・税込】
幅50×奥行60×高さ85(48)cm

〇SDR3100チェア展示店
グリーン:渋谷店吉祥寺店横浜駅前店堀江店仙台店
ブルー:下北沢店港北ニュータウン店札幌店新潟店
グレー:浅草蔵前店日野橋店梅田店福岡店