2019.11.22

日記

天然木のアームが際立つソファー、本革とファブリック仕様で登場



今週は、幅広な天然木無垢材使用のアームで重厚なイメージを持つソファーをご紹介させて頂きたいと思います。
アイコンとも言えるインパクトの強いアームが、このソファーを豪華で高級なイメージに導いています。
後述しますが、このアームには少し仕掛けがあります。
又、本革を使用することにより、一層クオリティを高めています。

<デザイン>
デザインは、質実剛健とも言えるソファーらしい「がっちり」したものになっています。
又、アームに厚みを持たせることにより、ボリューム感が尚一層強調されています。

背もたれの端をアームの角に合わせてカットしてあるため(オーバーハング)窮屈な感じがなく、ワイドのパフォーマンスが充分活かされています。

バックから見ると良くお解かりいただけるかと思います。

<おすすめポイント>
まず、第一にこのボリュームからくる安心感と「包まれ感」でしょう。
ソファーの重要な基本的な要素を持っているのです。

そして、冒頭で述べた「アームの仕掛け」ですが、このように物が置けるようになっているのです。
本はもちろん、オーディオ機器、リモコン、ワイン(シャンパンなど収納できないものもあります。)など結構重宝しそうです。

幅広なアームは、小さなテーブル代わりにもなるのです。

<素材、カラー、インテリア>
アームは、アッシュ材無垢天然木を使用し、ウォルナット色にステインされています。

シートの素材とカラーですが、本革仕様のキャメルと

ブラックに

ファブリックのブルーの3タイプのご用意となっております。

インテリアの観点ですが、ソファー自体に主張があるので見た目程限定されません。
ブルックリン、ネオノルディック、北欧シンプル、など正統派系インテリアに合いそうです。


<サイズ、価格>
サイズは、上記のようになっています。
幅216CMと結構なサイズがあり、堂々として立派なイメージとなっています。
価格は、ファブリックが79,800円(税込)と本革仕様が98,000円(税込)となっています。
このボリュームと素材から考えれば、かなりコスパの高いソファーといえるでしょう。
素材感、ボリューム、すわり心地など実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

一昨日まで暖かな日が続きましたが昨日から北風が吹き、今日は、日中7度で冷たい雨が降っています。
まるで真冬です。
11月も来週で終わりです。
今週末、NCCEのある地域のお天気ですが、土曜日の関東と仙台を除いて恵まれるそうですが、日曜日は新潟と札幌を除いて雨や曇りとなるそうです。

お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。