2019.11.01

日記

カウチソファー DONNA (レザー製) 2



今週も、先週に引き続きソファーDONNAをご紹介させていただきたいと思います。
今回は、先週の2人掛け、3人掛けソファーに続いてカウチソファーのご紹介です。
仕様は本革を使用し「やや硬めなデザイン」と、コンセプトは前回のソファーと同じです。
タイプは、独立したカウチとシェーズロングが一体化した「固定型カウチソファー」で、左右入れ替え可能なタイプではありません。
そもそも「カウチソファーってなに?」ですが、もとはフランス語でベッドにあたるCoucheierが語源のようです。
実際「クシェット」と言えばピンと来ます・・・・・・本当は来ません。ピンと来る人がいれば、ヨーロッパに旅なれた人でしょう。
日本では見慣れなくなった夜行列車に連結されている「簡易寝台車」の名称です。
その昔、商品開発でヨーロッパに出掛けた頃、移動時間と旅費を節約するため、よく利用しました。
昼間は、普通のシートですが、夜間に「折りたたまれたシートを開いて3段ベッドになる」仕様の車両です。
基本的に、クシェットのチケットを購入し、「席を選ばず自由に寝る」感じでした。
日本人は珍しいのか、下段に寝ると「話かけられて眠れず、仕事に支障を来たす」ため、早めに乗車して、1番上の3段目を確保していました。
簡易寝台車なので、もちろんシーツも枕もありません。
質素なブランケットが1枚付いているだけです。
話もどして「カウチ」ですが、イメージとしては「カウチポテト」の語源であるベンチの片方にアームレストがあるソファーになるようです。
そして、カウチとソファーが合体して「カウチソファー」と言う造語になったようです。
ただ、この呼び方は日本オリジナルで、海外ではSectional Sofa(セクショナルソファー)と呼ばれます。
日本でカウチソファーと呼ばれる部分はChaise Lounge Sofa(シェーズラウンジソファ)になり、2つのシェーズラウンジソファーが合体してセクショナルソファーになるが、一般的です。
L字型ソファー、システムソファー、シェーズロングソファーなど、このタイプのソファーの名称は、日本特有なのでしょうか。

<デザインと構造>
デザインは、先週ご紹介させていただいたソファーと基本的に同じで、北欧シンプルやミッドセンチュリーなどのエッセンスが効いています。

今回のカウチソファーですが、シャープ輪郭を持っているので、この種類のソファーにありがちな「ボテッ」としたイメージはありません。
サイドからみると顕著であることが分かります。

基本構造ですが、向かって左側のカウチ(シェーズロングとも」呼ばれています)と

正面の片袖ベンチを組み合わせて

構成されています。

バックから見ると分かりやすいかと思います。

結合は、こちらの部品と

この部品を

組んで固定します。

<素材とインテリア>
張り地の素材は、表面、座部、背もたれ、アームレスト内側に本革を使用し、バックと下部は、同色のポリウレタンを使用しています。

滑らかなレザーは肌のフィット感抜群で、レザーならではの「座り心地」を与え
少し固めのウレタンシートと共に至福の空間に誘うでしょう。

ブラックにコーティングされた脚の素材は、スティール製です。

インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアルなどのハードなインテリアから、北欧シンプル、ネオノルディック、カフェ系まで、クセのないデザインからその守備範囲は広いかと思います。

<カラー、サイズ、価格>
レザーのカラーは、キャメルイエローのみとなっています。


サイズは、以上のようになっています。
サイズ感もあり、ゆったりとくつろげるかと思います。
シェーズロングも大きいため、このソファーに身をゆだね、足を伸ばせば、ゆっくりとした時間の流れにリラックスした至福の空間が訪れるでしょう。

さて最後に価格ですが、178,000円(税込)と、この大きさから想像できないコストパフォーマンスの高いカウチソファーとなっています。
本革の感触、香り、そして「ゆったり感」とデザインを是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

今日から11月です。
例年より暖かく感じます。
今日は、11月1日です。
いよいよ「シモキタ_エキウエ」がオープンします。

オープン前夜、今頃ハロウィンで大変な騒ぎになっている渋谷と違って

明日のオープン日を静かに待っていました。

忙しそうなスタッフも、最終調整です。

11月1日朝

オープン1時間前です。

オープン!
坦々麺のお店にはすでにウエイティングの列が出来ていました。

ドイツパンとドラフトビールのお店です。
ドイツのパブというより、ブルックリンにあるドイツ系ビアホールと言った感じでなかなか「おしゃれ」な雰囲気です。

ご覧の通りの店ですが、店内が明るく気持ちよさそうです。

ワインショップです。
昔、駅前食品市場で「立ち飲みのTっちゃん」系のお店です。
今回、「テンシャン」立ち飲みてんぷらとシャンパンの店も同系列でオープンしていました。
かき揚げとシャンパン・・・・・ここは要チェックでした。(僕の場合)

ここは、大手コーヒー会社のコーヒー販売店です。
1杯ずつ様々なコーヒーを真空パックで販売するそうです。
初日は、コーヒー1杯プレゼントで並んでいました。

ここは、タイ料理店です。

結局、僕は、テイクアウトでドイツパンを買ってかえりました。
5種類で1,300円でした。

エキウエから降りると「帰ってきた北欧と

「箱根」がありました。
ランチを安くスピーディにあげるには絶好ですが、「箱根」があった時も激混みで結構競争率高くてあきらめたことが何度もありました。
そしてその横にはコンビニもあります。
因みにエキナカにも同じコンビニがあります。

昔の出口から撮影しています。
もし、僕がシモキタに初めて来たら、この風景を見て何を感じるかなぁ・・・・としばし考えてしまいました。
個人的には、もうこれ以上開発止めて、古い建物を残してリノベし「らしさ」を残して欲しいと思いました。

3連休のからむ今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、日曜日の関東、月曜日の新潟を除いてまずまずのお天気になるそうです。
絶好な秋のお出掛け日和になりそうです。
今年の3連休は秋と言っても暖かく、外を歩いて風に吹かれているだけでも心地いいかと思います。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。