2019.10.04

日記

上海国際家具見本市 3



上海国際家具見本市の価値について、自分なりの雑感を書かせていただきたいと思います。
まず、かなり昔の話になります。
当時、家具見本市と言えば、イタリアのミラノサローネ、ドイツのケルンメッセが世界の最重要拠点でした。
イタリアの家具生産量が世界一だった頃です。
ドイツやベルギー、フランス、イギリスなどのヨーロッパ諸国も上位にランクされていました。
見本市(展示会)の役割は、会場でメーカーが自社商品をコマ分けされたブースに展示し、世界から集まったバイヤーたちと商談すると言ったものでした。
そしてそこでは、日本の商習慣のように「欠品したら発注」ではなく、最低半年先の数量を発注しなければなりません。
「売れるか売れないか」を判断し、いきなり「チェア10,000本」の世界ですが、メーカーが相手なので仕方ありません。
日本は、それを「問屋が仕入れ、少量で小売店に卸す」商習慣だったため、ずいぶん戸惑いました。
まさに「バイヤーの目」にかかっていたのです。
しかも、プラダ全盛のころのミラノです。
会場には、この日のために「おしゃれ」をしてくる老若男女が、ワイングラスを片手に超高級革張りのソファに腰掛け、あちらこちらで談笑しながら商談をしています。
今まで、日本では見たことが無いこの雰囲気に飲み込まれてしまい、商談どころではありませんでした。
これに慣れるのに3年はかかったでしょうか。
家具製造の拠点がイタリアから中国にシフトし、現在のサローネは、商談と言うよりプレゼンテーションの場になっています。
さて、上海ですが、少なくとも2年前は「商談」が目的で、全世界の家具バイヤーが集う展示会でした。
今年は、開催日4日間で3日目から、無料で一般公開になっています。
幅広く一般ユーザーにアピールする目的でしょう。
家具産業を内需に向けることですが、これから上海も商談ではなくなり、デザインコンシャスなプレゼンテーションの場になっていくのでしょうか。

先週からの続き
これが、ディズニーランドと同じ面積の会場案内板です。
それを考えると、ひとつの建物の大きさが想像できるかと思います。
ソファやダイニングテーブル、チェアとベッド、そしてモダンデザインとカテゴリー別にカラーで建物を分けています。
因みに僕の今いる場所は、3角形右上の角にいます。

こんな所です。
E8です。

ここから、E1まで移動します。
なぜならば、地下鉄駅を往復するシャトルバスの到着がここで、出発がE1とW1の交わるメインエントランスになるためだからです。
今日は、空港から会場に直接着いたため、キャリーバックなどをこのメインエントランスにある、クロークに預けた方が、気が楽に回れるからです。

E8からE1まで距離が「地下鉄ひと駅」以上あるため、ここは場内のシャトルで行きます。

E1について

クロークに荷物を預け

さて、戦闘開始です。

会場は、まだそれ程混んでいません。
リラックス、リラックスと・・・・・。



W1から回っています。
ここは、ソファのエリアです。

オレンジ、ブルーを組み合わせたシステムソファです。

カウチソファでしょうか。

W1を見終え

W2に入ります。

途中の売店で

水分補給。

かなりゴージャスな革張りソファです。

W3、行きます。

ここは、トータルに展開していますが、メーカーではないのでパス。

これは、ソファーベッド。
背もたれが分割して倒せるようです。
ところで、ソファーベッドって日本で売れるの?
その昔、NOCEでもドイツから輸入した88,000円のソファーベッドが飛ぶように売れたことがありましたが、背もたれが倒れるタイプではありませんでした。

歩きます。

W5に行きます。

このあたりから

ダイニングテーブルやチェアのブースが目立ってきました。
これは、オークの無垢で出来たダイニングテーブルです。
ワンサイズの特価ですが、多分国内の一般客ねらいかと思われます。

とりあえず、ベンチとテーブルで商談ですが、NOCEのラインに似たものがあるので、惜しいけれど多分NG。

このソファは、取引先の新作です。
ベルベットの人気は、まだ続いているようです。

W5を歩いています。
Wは、この館で最後です。

Wが終わり次は、Nを歩きます。
このNとかWって・・・気にしていませんでしたが、北と西です。
と、初めて納得。
それでも、まだ3分の1しか見ていません。

N1を見終わって、あまりにも足が痛くなってしまったので外のベンチにピットインです。
情けない・・・このくらいで。
本当は、今日のうちに全部見て、明日の一番飛行機で羽田と思っていましたが、ムリそうです。
やはり、2年間もご無沙汰すると気にかかるブースが多すぎて、いちいち止まって商談していたため時間が経ってしまいました。
しかも足が痛い。
鍛えていたはず・・・肉体年令35、やはりプールとは違うか。
3キロ泳ぐほうが、3キロ歩いて商談するより楽だと知りました。
下北沢を朝出て、10時間が経過していました。

気持ちをリセットとしてN2から始めます。

これは、ブルックリン、インダストリアル系、コーナーダイニングセット、160センチの大きなテーブルとセットで100,000円くらいでしょうか。
年内に展開できればと思っています。

大理石のダイニングテーブルです。
欧米では、人気だそうです。
日本でも最近見るようになりました。

更に歩きます。

これは、チェアX2です。

これは、チェア達です。
意識が少し飛んでいます。

Nを見終わり

外に出ると、少し日が翳り始めていました。
半日で楽勝と思っていましたが、甘かった。
早くと思い、ピッチを上げて歩いたのもマズかった。
足が痛くなると同時に「ばててしまい」、ものが考えられなくなってしまいました。
これでは、明日の午後便で帰るのもムリっぽい、ぽい、ぽい。
ある程度今日見ておかなければ、明日の飛行機はキャンセルで延長戦の可能性も。
このまま、リタイヤするか、ムチ打って歩くか。

おっと、目の前には、チェアの入った巨大なモニュメント。
立ち尽くす僕・・・・。
どうする、ライフル・・(かなり古くてスミマセン)

今週から10月です。
今年もあと3ヶ月で終わりです。
今朝、激しい雨音と雷鳴で目覚めると、街は、グレイのけだるい雲に覆われていました。
台風が変わった低気圧の影響でしょうか。
出社時には、雨が上がり低い雲間に青空がのぞき、速い風に糸が解けるように雲が散っていきました。
今週は、日中「夏の名残」のように暑い日もありましたが、今日は秋らしいさわやかな風が吹いています。
10月初めの今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、新潟を除いて全地域で恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。