2019.09.06

日記

木製フレームのソファーがリニューアル、重厚で高級感もアップで、しかも値下げ



今週は、素材をバージョンアップし、シートのファブリックカラーを変更させて、従来のカジュアルな雰囲気から、重厚で高級感あふれる装いとなったNC130Aソファーをご紹介させて頂きたいと思います。
今回のリニューアルでの注目点は、バージョンアップして値下げでしょう。
からくりは、後ほどご説明させていただきたいと思います。

<デザインと変更点>
デザインは、北欧ミッドセンチュリーが基本となっています。

現行モデルと大きな差はありませんが、シート下部にあるアンダーバーは構造上省かれています。

サイドビューでも大きな変化はなく、ミッドセンチュリーの王道とも言えるフォルムです。

さて、今回のリニューアルの最も大きな要素は、このフレーム自体の素材をラバーウッドからアッシュ無垢材に変更させ、仕上げもナチュラル色からウォルナット(艶消し)に変えたところでしょう。
現状、ラバーウッドも高騰し、昔のように北方系木材との差はなくなりましたが、やはり少しチープなイメージは、払拭できないかと思います。
ラバーウッドの利点は、本来のゴム製造の過程で樹液を取った後のものを使用する事と樹齢が短く製材化が可能なため、その分コストが安く調達できることでしょうか。
その分、北方系木材に比べ年輪などの木目が現れないため、言葉は悪いと思いますが「安っぽく見える」事は、実際安いため否めません。
ただ昨今は、木材加工技術も向上し、前ほどチープなイメージはなく、むしろ好んで使用するメーカーもあります。

フレームの素材と仕上げを変えたことにより、全体的に厚みが増し高級感も感じられるようになりました。

アームの変更に伴ってファブリックの色もブルーと

グレーの2色のご用意となっています。

<インテリアとサイズ>
インテリアの観点ですが、フレームやシートのカラーリングを濃くしたため、インダストリアル、ブルックリンなどややハードなインテリアに合いそうですが、配置やコーディネートさせる家具を考慮すれば、北欧シンプルやカフェ、ナチュラルでも対応できそうです。

タイプは2シーターと3シーターの2タイプのご用意となっています。
サイズは2シーター

3シーターとなっています。

価格は2シーター、39,800円(税込)3シーターが48,000円(税込)となっています。
なんとフレームの木材の材質を上げて「値下げ」です。
なぜ・・・・・?
それは、構造を変えたからです。
現行モデルは、もともとノックダウン(組み立て式)でした。
やはり、大きなソファー「お客様での組み立て」は難しいと重い、メーカーにチャージを払って完成品で入れていました。
コンテナに積める量も倍近く違いました。(完成品の方が積載時の全体量が多くなる)
又「お客様までの配送」中、アームが折れる事故が多発していました。
ここで、その防止策と輸送コストを考えて組み立て式に戻したのです。
本来なら現行のまま「値下げ」ですが、ここで「価格競争をしても意味なし」と思いあえて材質を上げたのです。
結果、現行モデルより安く調達できました。
これが、「品質アップでも、プライスはダウン」になったのです。
リニューアルして、重厚感や高級感が増したソファー、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

今週は、秋を感じるような涼しい日が続きました。
例年、この季節は残暑が厳しく「まだ真夏」感がありますが、今年は明らかに違っているような気がします。
今週末は、関東でも台風の影響が出るとの予報ですが、台風が去るたびに季節が変わっていくのでしょうか。
見上げる空は、青く澄んで、真っ白な雲間に、赤とんぼが舞っていました。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌、福岡がぐずつき、日曜日は台風の影響がある関東以外は、まずまずだそうです。

お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。