2019.05.17

日記

新入荷のカウチソファー


今週は、新しく入荷した左右でカウチを交換できるソファーをご紹介させていただきたいと思います。
リリースは先月になりますが、初回入荷分は好評につき全て完売してしまい、ご紹介のタイミングを逸してしまいました。
今回は、ランニングを考慮して入荷したため、「ご紹介後すぐ欠品」にはならないと思います。
今回ご紹介させていただくソファーは、極めてオーソドックスなフォルムで、ソファーらしい「どっしりとした」安定感があり、くつろげるソファーの代名詞のようなものです。
そしてその安定感に、カウチの機能も付加しているため、言わば優等生のソファーとも言えるでしょう。

<デザインとフォルム>
全体のデザインは、角を意識した北欧シンプルがベースになっています。
クセがなく、そのフォルムは基本に忠実なものと言えるでしょう。

サイドから、アームレストを見るとスクエアが強調されていることがわかります。
ここで、キモになるのが背もたれとアームの関係になります。
簡単に言えば、「割合」でアームの大きさ、高さと背もたれの大きさ、高さのバランスが優れていないと、所謂「ダサい」デザインになってしまうのです。
この割合が、「これだ」と言うことはハッキリしませんが、バイヤー目線ではファーストインプレッションで「いい感じ」が決め手となるかと思います。
「何かやたら背もたれが高かったり、アームの大きさが小さかったり」など、バランスが悪いフォルムとなってしまうのです。
北欧シンプルのデザイン性は、多分ここにあるかと思います。
直線を組み合わせただけでも「エクセレント」な物体になるからでしょう。

<機能性>
このソファーの最もフィーチャリングされるところは、カウチソファーにもなる機能性といえます。
背もたれの付いたスツールは、その高さがソファー本体のアームと一致するため、ソファーに配置すると、一見2個のカウチ同士が合体しているように見えます。

そして、シートの長いほうのクッションをスツール上のクッションを組み替えると、立派なカウチソファーに変わります。

そして、今度は同じように向かって左側にも配置できるようになっているのです。

これは、向かって右側です。
安定感のあるカウチソファーに間違いありません。


<大きさ、カラー、価格>
大きさは、以上のようになっています。
幅が2mなのでゆったりとしたくつろぎ感があり、カウチの奥行きも1mあるのでリラックスには最高でしょう。

カラーは。ブルー

グレーの2色のご用意になっています。
さて価格ですが、59,800円(税込)とこのパフォーマンスから考えれば、十分お値打ちなソファーといえるでしょう。
質感、デザイン、すわり心地、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

今週は、涼しい日と暖かな日が混在する春らしい週でした。
10連休も終わりましたが、東京から殆ど動きませんでした。
強いていえば、「港北ニュータウンに仕事で出掛けた神奈川」だけでした。
これから季節は、梅雨に向かって生きます。
春うららかな今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土日の福岡、大阪がくもりの他は、恵まれたお出掛け日和になるそうです。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。