2019.02.08

日記

家具とかインテリアが好きって・・・?


初めから少し難しい題材になってしまいましたが、サラッと進めていきます。
そもそも家具とインテリアでは、ステータスが違います。
前者は、ソファーやチェア、ダイニングテーブルといったマテリアルで、後者は全体のスタイルとか外的環境とでも言う事でしょうか。
うーーん・・例えば、旅行がインテリアで車とかバイク、鉄道が家具に当たる・・かも。
旅行好きが、車好きと完璧なイコールにはなりません。
鉄オタやバイク好きも旅行好きとピッタリあうわけではありません。
旅行が目的な場合は、その移動の手段としての車や鉄道となり、鉄道に乗ったり、車やバイクを運転したりする人は、その目的が遠方であるような感じでしょうか。
僕は、もともと飛行機が好きなわけではありません。
出張のため、数百回も搭乗する過程で詳しくなってしまいました。
エアバスとボーイングなら音でわかります。
機影でボーイング777−200と767−300の違いがわかりますが、好きなわけではなく「わかるようになってしまった」方が当たりです。
実は、飛行機に乗ることが怖くて、海外に行くよりも「飛行機が関門」で、ドアが閉まると「いつもこれで世の中の見納め」でした。
飛行機使わないと海外に行けないため、「しぶしぶ」でいつも「何でこんな仕事選んだんだろう」です。
今でも本当は、あまり変わりません。
その克服術で一時的でも「飛行機好き」になるしかなかったのです。
もちろん、世の中には飛行機見るとわくわくして搭乗が楽しみな人がいっぱいいます。
そうでなければ、パイロットやCAさんのなり手がいないわけで・・・。
僕もそこで「一時的ヒコオタ」に変身し、「今日はエアバスだぞ、わくわくするだろ、な!」
「あ、はい」みたいに自問自答で搭乗することにしたのです。
僕がこの話をするとほとんどの人に「意外、飛行機大好きだと思ってた」と言われます。

さて、話を家具、インテリアに戻してと。
家具好きって・・・著名なデザイナーのチェアや海外ブランドの高級ソファー、日本製の一枚板のダイニングテーブル・・持ってなきゃ資格ない・・とは絶対に思いません。
インテリア好きは、レンガの壁にベルギー製カーテン、カーペット、フランス製の照明器具に、高級家具・・・・でもないと思います。
僕は、ワイン好きですが、いつもボルドーの格付けシャトーとか、銘柄吟醸ワインなど年に2,3回特別な時かプレゼント以外に飲みません。
理由は、値段が高いからです。
借金してまで飲むのが真のワイン好き・・・なわけないでしょ。
予算内で一番自分がおいしいと思うものを飲むだけです。
ほぼ毎日飲みますが、平均1,200円くらいでしょうか。
でもやはり、500円だと物足りなさを感じてしまうのは否めません。
これは、ブドウの品質や醸造方法により、やはり高いものにも安価なものでも理由があるからです。
僕は、最近醸造家で選ぶようにしています。
1,200円で格付けシャトー級に匹敵したものに当たると「相当得した気持ち」で味わいも格別です。
料理も安価なものでも「3つ星レストラン」は、材料とシェフの腕と手間があるため、ありえませんが、そこそこなら可能でしょう。
家具やインテリアも同じです。
車好きは、みんなフェラーリですか・・・軽自動車じゃ資格ないですか。
バイク好きは、みんなハーレーか1300CCのレーサーレプリカで、50CCのスクーターじゃだめですか。
絶対ありえません。
僕は家具をバイイングする時、その何かの一定ラインを超さないようなものを意識しているつもりです。
もちろん外すことも多々あるので、あまり大きな事は言えませんが。
上の画像は、来週発行のカタログの中で使われるイメージ画像ですが、高級なものの10分の1くらいです。
手の届く価格だと思いますが、手の届かないお客様には「少し背伸びして」手に入るものだと思っています。
家具やインテリアがもっと好きになるかも・・・ということで終わらせていただきたいと思います。

今週は、春を思わせる暖かな日がありましたが、明日からは「今までに経験したことが無い」くらいの大寒波がくるそうです。
アメリカ中西部では、先週マイナス40度を記録して犠牲者も多数とのニュースがありました。
北極の寒気が南下したそうです。
多分これと同じ寒波だと思います。
北海道、東北、北陸と相当な寒さになるようです。
関東も雪で着雪もあるようです。
せっかくの3連休ですが、寒さが厳しくなりそうです。
3連休の絡む週末、NOCEある地域のお天気ですが、土曜日は福岡を除いてくもりや雪となり、日曜日は名古屋と関東を除いてはっきりせず、月曜日は大阪、福岡を除いてくもりや雪となるそうです。
お出掛けの際には防寒対策万全で、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。