2019.01.25

日記

家具業界にも影響か、2019年のスーパームーン


今週月曜日の1月21日、大きくて「まんまる」の見事な月が夜空に上がりました。
画像は、下北沢で撮影したものです。
スーパームーンだとは知らず、あまり綺麗だったのでカメラに収めてしまいました。
月は、地球を自転しながら回り、地球も自転しながら太陽を回っています。
新月は、太陽と地球の間に月が入り、地球から見ると月に太陽の光が当たらない状態です。
そこから徐々に光があたり、新月と反対になる太陽、地球、月と並ぶと月に太陽が目一杯当たり満月になり、そこからまた欠け始めて新月の状態になっていきます。
このサイクルが正確には29.5日で、1ヵ月となるのです。
この微妙な違いを、30日の月や31日の月で調整していくわけです。
そして、月は地球を正確に丸く回らず、楕円形で回っているため、地球に近づいたり、離れたりしています。
スーパームーンは、このように地球に近づいた時に満月となる状態を言います。
因みに、アメリカではスーパームーンに皆既月食(ブラッドムーン)が重なる、スーパーブラッドムーンが見られたそうです。
ただ、一般的には来月の2月20日(水)が今回より大きくなるそうで、こちらを本当のスーパームーンと呼ぶという人もいますが、今回もスーパームーンであることに違いはなく、次のスーパームーンが見える保障もないので書いてしまいました。
このスーパームーンの日に、家具輸入に関する情報が飛び込んできました。

<家具業界に異変かも>
去年、家具業界だけではなく、流通業界にとっても重要な年でした。
ひとつは、物流コストの大幅値上げです。
家具は、大型商品なのでそれだけ影響を受けやすくなるのです。
そしてもうひとつは、大手宅配業者による相次ぐ「家具などの大型商品の取り扱い中止」でした。
家具業界では、これを「××(社名)ショック」と呼んでいます。
このふたつの要素だけでも、かなりのダメージですが、ブラッドムーンの日に通関業者を通じて、船会社(多分税関)から「お達し」が来たのです。
これは、家具業界だけではなく、輸入業者全般に影響がありそうなのです。
簡単に説明します。
まず輸入です。
外国から食品、医薬品、衣類、雑貨、家具など様々なものが輸入されています。
特に家具は、かなりの割合が輸入になっています。
さて、この輸入の方法ですが、大きな海上コンテナで船に載せられてきます。
航空便という空輸もありますが、コストの問題でほとんどが船によるものでしょう。
海外から船に積まれたコンテナは、東京や横浜港などで港のヤードと呼ばれるコンテナ置き場に置かれます。
よく、レインボーブリッジやベイブリッジから見える「積みあがったコンテナ」がそれです。
ここに置かれたコンテナは、通関を終えるまで置かれます。
そして、中に入っているものにより、税金のかかる物品は関税、また別に消費税を支払って、「運んでOK」の許可が下りるのです。
許可が下りたからと言っても、直ぐに取れるわけではありません。
コンテナを運ぶトレーラーの手配、積み下ろす倉庫の都合もあるからです。
予断ですが、トレーラーのヘッドと呼ばれるドライバーが不足し、深刻なヘッド不足で直ぐにコンテナが引き取り難いのも実情です。
ヤードに置かれたコンテナは、この一連のプロセスを加味して、フリータイムとよばれるリードタイムが与えられます。
船会社や規模にもよりますが、大体10日から30日くらいでしょうか。
そして、このフリータイムを過ぎると日割りで「罰金」として加算されるのです。(ディマレージ)
この費用は、日によってさらに加算されていくのです。
例えば、始めの10間は日に3,000円それ以降は、15日6,000円、更15日を越えると10,000円と加算されていくわけです。
これが、罰金といわれる所以なのです。
コンテナと言われてもあまりピンときませんので、量で言うと組み立てたチェアで600本、ソファー二人掛けで100本くらいでしょうか。
メーカーは、チェア、テーブル、ソファーなどアイテムで別々です。
そのためこちらの都合で「ソファー50本、チェア300本でコンテナ1本」とはいかないのです。
そして倉庫の空き状況とコンテナの到着のタイミングがピッタリともいかないのが実情です。
また売り上げを予測して発注しますが、予想に反して売れなくなる時もあります。
このようになると、コンテナの引き取りが遅延していくのです。
これはなにも家具業界だけの話ではなく、輸入と流通にかかわる全ての業者が抱えている問題です。
借りている倉庫に荷物を降ろすより、家賃の関係で「おきっぱ」の方が都合がいいからです。
そこで、スーパームーンじゃなくて、問題ですが、「お達し」とは、このディマレージ料金が、「とんでもないくらいの値上げ」になるとの事でした。
聞いた話では、1日45,000円の会社もあるそうです。
これは、税関や船会社の引取りが遅れているコンテナに対する「本気度」の表れでしょうか。
去年も家具業者への通告があり、今回の措置が最後通牒となった感じです。
実は、僕もかなり昔ですが「やらかしたこと」がありました。
数えたら、最高50本くらいためた事も・・・・。
税関様から「お呼び出し」をいただきまして、「保税ヤードを倉庫代わりに使ってはならへんで、はよう出さんか」と関西アクセントかどうか忘れましたが、数回やってしまいました。
さて今回は、待ったなしです。
10日もオーバーすれば簡単に利益が吹き飛びます。
これを防ぐために消極的に輸入すれば、欠品につながり売り上げの機会損失につながるでしょう。
何れにしても大変なことになりそうです。
どうすればいい、教えて! スーパームーン!

今週も寒い日が続いています。
北風の吹く日は、身にしみてしまいます。
それでも少し日が長くなったような気がします。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌、新潟、仙台の土日を除いて、他の地域はまずまずとなるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。