2018.10.19

日記

渋谷ストリームと5年前



先日、9月13日に新しく渋谷に誕生した「渋谷ストリーム」に行ってきました。
この建物かなり変わっていて、建築中から気になっていましたが、もうオープンしたとはビックリです。
商業ゾーン、ホテル、オフィス、ホールが入る巨大な複合施設です。
“クリエーティブワーカーの聖地”がコンセプトで、オフィスには、Googleの日本法人が入るそうです。
地上35階、地下4階の大きなビルです。
そしてここは、現在地下駅になった東横線の渋谷駅でした。
地下化された後、線路は渋谷川に沿って遊歩道になり、代官山まで続いています。
昔の東横線に馴染みがあるので変貌にビックリですが、随所に名残があります。
僕のブログ「2013年3月15日 渋谷駅 春」に渋谷駅の最後が綴られています。

井の頭線の改札を出て、

巨匠「岡本太郎」の大作を見ながら、ため息ついて

例のワッフルやさん?を右に見て

JRの改札を過ぎるとバス乗り場・・・・ではありません。

案内表示にしたがって歩くと、地下に続く長いエスカレーターがあり、ひたすら下りて行くと

ヒカリエの地下、今の東横線の改札口に着きます。

壁には本物かわかりませんが、あの東横線渋谷駅の模様がありました。

建築中なのか、少し殺風景なところを歩くと

渋谷ストリームの地下に着くと

別世界!

エスカレーターを上ると

広場に出ました。
テラスのレストランやカフェがあり、「これって渋谷じゃない」と感じながら、階段を上ると

渋谷川に沿ってテラス付のお店が並んでいました。

渋谷ストリームの窓には、暮れかけた渋谷の空と「今」が映っていました。

予約していたビストロの席に着くと、窓の下には渋谷川が流れていました。

透き通るグラスの泡が渋谷の時空とともに消えていきました。

街が輝きだすころ店を出ると

これ、昔の線路!・・・・

これ、プラットホームのアイコン!・・・・

かつて多くの人を乗せた電車の線路を今は当たり前のように多くの人が歩く・・・。
線路は、未来へと続いているのでしょうか

このブログの最後も渋谷川を見下ろして終わりにします。

と、そのとき、2013年の自分と遠ざかる電車の音が渋谷の街に消えていきました。

今週は、10月半ばで「秋も深まりつつ」です。
ちょうどいい心地の気候です。
街歩きにテラスで一杯に絶好です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌と新潟を除く全地域で恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。