ソファーの選び方特集

リビングは日常生活の大半を過ごす最も大切なスペースといっても過言ではないメインエリア。また、来客時にはお客様を通すことが多いので住宅の顔といってもよいくらいのスペースです。ソファーはその最も重要なスペースのメイン家具になるものなのでお気に入りを手に入れて長く愛用したいもの。ここではそんなソファー選びに失敗がないよう、大事なポイントをコーディネート事例とともにご紹介します。

最適なサイズを考える

部屋のサイズを測る

部屋のサイズを測る

まず初めにソファーの設置場所を考えます。ソファーの向かい側にはテレビを設置することが多いのでテレビの配線の位置を確認するとソファーがどこに配置できるのかが自ずと判断できる場合が多いです。
ソファーの設置場所が決まったら、その空間のサイズを測りましょう。その際、ソファーの前にローテーブルを配置する場合はそのスペースと人が通る導線を考慮しなくてはなりません。ソファーを配置できるスペースが実際にどれくらい確保できるのか、組み合わせるローテーブルはどんなものを考えているのかなど、この時点でソファーまわりに配置する家具も念頭において考えると理想とするリビングが想像できてその他の家具選びもスムーズになります。
ソファーとテーブルの間の空間は、一般的に足を伸ばしてもぶつからないように45〜50cmといわれています。快適なサイズは個人差があるので自分に最適なサイズを考えてみましょう。
ソファーを配置するスペースの幅と奥行きが何センチ確保できるのかによって2人掛けや3人掛け、カウチソファーのどれを配置できるかが分かり、アイテムを絞りやすくなります。

搬入経路のサイズを測る

玄関から設置場所までの通路や扉、マンションの場合は共有スペースやエレベーターなど、ソファーを搬入する経路のサイズを事前に確認する必要があります。お気に入りのソファーが見つかっても搬入経路を通過しなくては設置することができませんので、物理的に搬入ができるかを確認する必要があります。判断が困難な場合は実際にお届けする配送業者での下見(別途2,160円)をおすすめします。

シーンや用途を考える

置けるサイズの範囲内でどんなソファーが理想的なのかを考えてみましょう。ご自分のライフスタイルに合わせてソファーを選ぶとより快適に使用できるので、ソファーを使用するシーンをイメージして用途を確認するとよいでしょう。例えば、寝転がって読書をしたい、家族団らんスペースとして使いたい、来客が多いなど、より具体的にイメージすることで自分にあったソファーが見つけやすくなります。ソファーは大きく分けて1人掛け2人掛け3人掛けソファカウチソファやオットマン付きソファーなどがあり、用途によって最適なソファーが変わります。家族が多い場合は3人掛けやカウチソファーがおすすめですし、来客が多い場合はオットマン付きソファーを配置するか、3人掛けや2人掛けに合わせて1人掛けをプラスするなど、様々な選び方があります。

好みのスタイル(素材・デザイン)を考える

張地の素材やデザインによって印象が大きく異なります。リビングのメイン家具だからこそ、ソファーが与える印象によって空間のスタイルも決まってくるものです。事前に素材や色などの好み、イメージするお部屋のスタイルを考えておくと理想に近いお部屋づくりが実現できます。素材は大きく分けてファブリック(布地)のものと合皮(ビニールレザー、ポリウレタンレザー)がありますが、ファブリックソファーならナチュララルテイストや北欧スタイルに向いていて柔らかい印象になりますし、合皮ソファーならヴィンテージ風やブルックリンスタイルを表現しやすくなります。また、カラーもお部屋の雰囲気を左右する大事なポイントです。デザインは用途に付随して検討する必要もありますが、イメージするお部屋の空間が柔らかいものであれば角が丸いデザインや木製のひじ掛けソファーなどナチュラルなソファーがおすすめですし、直線的なデザインのものは空間をすっきりと見せる効果もあるので実用的なお部屋づくりができる特徴があります。

好みのスタイル(素材・デザイン)を考える

座り心地や構造

ソファーの構造や素材によって座り心地も様々です。座面、背もたれの構造部材によって受ける感触が異なりますので、実際に座って自分に合う座り心地を試す必要があります。ノーチェのソファーは座面がウレタンのものポケットコイルを内蔵しているもの、フェザーを混ぜているものなどがありますが、ウレタンの硬さなどによっても受ける感覚が違うため、ご自分の好みやライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。ポケットコイルは一般的に特有の弾力と安定感がありますが、好みによっては硬めのウレタンの方が安定していて座りやすいという場合もありますし、柔らかめのウレタンや背もたれにフェザーが混ざっているものは包み込まれるような心地良さがあります。

line