リビング・ダイニングを快適にするソファーコーディネート実例

ノーチェのソファーはデザインもスタイルも様々です。オーク天然木を使用した上質な北欧スタイルのソファーや色合いがきれいで空間が和むナチュラルテイスト、流行のブルックリンスタイルに合わせやすいグレーのファブリックソファーや北欧ヴィンテージを演出してくれるレザーのソファーなど、好みのスタイルに合わせて選べるのでお気に入りがきっとみつかります。ゆったりとくつろげるリビングの主役になるアイテムですから、サイズやデザイン、座り心地や演出したいスタイルなどを吟味して自分だけのソファーライフをお楽しみください。
ソファーを決める際は事前にいくつかのポイントをおさえてお部屋にあったものを選ぶのが重要です。お部屋のサイズや配置場所の広さを確認する必要がありますし、せっかくソファーを配置しても壁や床、カーテンの色に合わず失敗・・・なんてことにならないようにソファーを置くスペースにはどんなソファーが適しているのかをはじめに確認してきましょう。

ポイント1

ソファーを配置するスペースを確認しましょう。幅だけではなく奥行のサイズを考慮して、何センチまでのソファーが置けるのかをチェックします。同時にソファーの前にローテーブルを置く場合やその他にリビングに配置するアイテムを考慮する必要がありますし、人が通る導線も確保しなければならないので空間全体をみてどれくらいのソファーが配置できるのかを具体的に考えておくとスムーズなソファー選びができます。

使用する人数や用途を考えます。ファミリーで使用する場合や来客が多い場合はできるだけ幅広の3人掛けサイズがおすすめですが、空間があればプラスして1人掛けをL字になるように配置して応接セットのように使用することもできますし、ゆったりとくつろげるカウチソファーやオットマン付きのソファーもおすすめです。

ポイント2

反対に一人暮らしやスペースが限られたお部屋にソファーを配置する場合は全体幅ができるだけコンパクトなソファーを選ぶ必要がありますが、コンパクトでもアームレスや木製アームのソファーを選べば座面幅を広く確保できるので比較的ゆったりとお使いいただけます。横になってくつろぐことが多い場合はアームが低いものがおすすめですし、ハイバックソファーなら背もたれが高い分、首や頭まで支えてくれるので特有の安定感があります。また、背もたれや座面の高さが低いソファーを選ぶと圧迫感が軽減されるので空間が広くみせることができます。

ソファ特集

ポイント3

お部屋の床や壁の色によってどんな色合いのソファーが合うのか変わりますし、素材によってもお部屋に与える印象は様々です。落ち着いた雰囲気にしたい場合はグレーやブルーなどの濃い色合いのものがおすすめですし、ナチュラルな空間にしたい場合は天然木を使用したアームソファーなら木の温もりを感じられます。ノーチェの北欧風ソファーは落ち着いたカラーリングのソファーが多いため、比較的どんな空間にも合わせやすくなっていますし、脚部やフレーム部分にオークなどの天然木を使用したアイテムも豊富にあるので落ち着いた北欧風のリビングづくりに最適です。

ソファ特集

また、流行のスタイルを取り入れるならブラックのレザーやヴィンテージ加工を施したブラウンのレザーのアイテムを選んで、コーディネートする家具にアイアンやスチールなどの異素材を使用したものを合わせるとブルックリンスタイルや北欧ヴィンテージなどの雰囲気を演出できます。色合いや好みのスタイルに迷った場合は雑誌やノーチェのコーディネート事例などでチェックしておくといいかもしれません。

搬入経路を確認しましょう。せっかくソファーが決定しても設置場所に搬入できないと意味がありません。玄関のスペースやドア幅、廊下などの通路幅、集合住宅ならエレベーターの大きさなど、ソファーの通り道を細かくチェックする必要があります。特に幅広のソファーの場合は注意が必要なので少しでも不安な場合は運送業者による事前の下見サービス(税込2,160円)を利用するのが確実でおすすめです。

ポイント4

line
instagram

その他の特集