ブラックの座面の椅子でブルックリンと北欧スタイルのミックスコーデ

ブラックの座面の椅子でブルックリンと北欧スタイルのミックスコーデ

  • point.1

    ウォールナット×ブラックで重厚感を

    定番の北欧スタイルでもブラックを取り入れると流行を意識するだけでなく重厚感が増します。

  • point.2

    デザイン性のあるダイニングで北欧スタイルを強調

    天板の模様と脚のデザインに独特なデザイン性を感じるのでこれ1台で高級感のある北欧スタイルを実現できます。

  • point.3

    キッチン小物もおしゃれに収納

    食器や調理道具、家電などの生活感があるものはデザイン性と収納力を兼ねそろえたキッチンボードに全て収めるのがおすすめです。

ウォールナットの重厚感があるダイニングテーブルにブラックの座面がポイントになった北欧風コーディネートですが、チェアの座面でブラックを取り入れることで流行のブルックリンスタイルを意識することができます。北欧スタイルは様々な雰囲気をミックスしながら楽しむことができるので素材やデザインの特徴を生かしてトレンドをプラスながら自分流を楽しむのもおすすめです。

チェア

チェア

背もたれの大きなR(アール)のデザインがポイントの木製チェアで、見た目のおしゃれ感だけでなく背中に心地よくフィットしてくれる座り心地も魅力です。また、座面にブラックのビニールレザーを取り入れたことで異素材の雰囲気がアクセントになっています。フレームの素材はアッシュ天然木ですがウォールナットにステインしているので重厚感を感じる仕上がりが魅力です。

テーブル

天板にはウォールナット突板を使用しているのでチェアの色合いと統一感があり好相性のコーディネートです。165×82.5cmの天板は広々としていて使いやすく、あえてコンパクトにまとめた脚のデザインとバランスよくまとまっています。天板の木目の切り替えしのデザインが珍しく、他にはないおしゃれな北欧風ダイニングが演出できますし、このテーブルとコーディネートすることでモダンなダイニングチェアにも見せてくれます。

キッチンキャビネット

キッチンキャビネット

脚付きのキッチンボードは見た目にもおしゃれで、北欧のデザインによくあるテーパードレッグ(先端に向けて細くなった脚)を使用しているので北欧テイストをさらに引き立てることができます。収納部分は主に引き戸で構成されているので人が通る導線を確保しやすいのも魅力ですし、小物は小さな3段の引き出し、家電などは中央の空いたスペースに配置するなど、生活感があるダイニングスペースをいつもきれいに整理整頓しながら使用できます。

line