お部屋のコーナー部分を活かしてカウチソファを配置した簡単リビングコーディネート

  • check check check
  • point.1
  • point.2
  • point.3
  1. 高さが低めのソファーを選ぶ

    point.1

    幅広のソファーを置く場合は背もたれが低めのアイテムを選ぶと圧迫感を感じにくくなります。

  2. ローテーブルはソファーの幅に合わせる

    point.2

    カウチソファに合わせるローテーブルはカウチとソファーのコーナー部分に収まるサイズを選びましょう。

  3. 脚付きのアイテムが便利

    point.3

    TV台やキャビネットは脚付きのアイテムを選ぶと見た目もすっきり見えて、お掃除もしやすくなります

HY0061ソファ
¥49,800(税込)
サイズ :
幅196×奥行144(85)×高さ87(40)cm

詳細を見る

Close

センターテーブルBF6436
¥10,800(税込)
サイズ :
幅105×奥行55×高さ41.5cm

詳細を見る

Close

TVボードBF5900
¥20,800(税込)
サイズ :
幅153×奥行45×高さ33.5cm

詳細を見る

Close

お部屋のコーナー部分を活用して大型ソファーとTVボードを配置したコーディネートです。
主役のカウチソファは木製家具に馴染みやすい色合いと、大きさの割に圧迫感を感じない高さがないデザインが魅力ですが、それでも幅190cm以上ある大型ソファーなので取り入れるには十分なスペースが必要です。リビングの中心に配置するとお部屋が窮屈に感じたり人が通る導線の邪魔になりやすかったりするので、お部屋のコーナー部分に壁付けして配置すると空間を広く見せることができます。ノーチェのカウチソファはクッションを取り外してカウチ部分を左右入れ替えたり3人掛けとオットマンに分けて使うことができるので、お部屋の間取りに合わせてご使用いただけるのが最大の魅力です。
TVボードはコーナーの反対側に、ソファーと同じように壁付けして設置するとリビングのスペースが有意義に確保されます。
長方形にできた空間はローテーブルも収まりやすく、ラグを敷いて空間を仕切ることもできるます。天板が105×55cmのローテーブルはリビングで食事するのにも程よい大きさで、圧迫感を抑えるならシンプルなデザインのものがおすすめです。大きさのあるアイテムはスペースをうまく活用して家具をコーディネートしましょう。

その他の特集