天然木を使ったダイニングコーデ特集 天然木を使ったダイニングコーデ特集

ライブエッジで無垢の天板とアイアンの脚フレームが重厚感たっぷりのダイニングテーブルを使ったヴィンテージ風コーデ

木そのものを感じるダイニングテーブル

アカシア天然木の集成材を使用したダイニングテーブルで、節やクラックなど、天然木ならではの風合いが活きた武骨な雰囲気が魅力です。天板の両サイドは木の皮の部分をそのまま使用したライブエッジになっていますので天然木の無垢材らしい、木の生命力をダイレクトに感じます。天板に対して脚は太くがっしりとしたアイアンがフレーム状になっていて、厚みがあり重厚感たっぷりの天板に引けを取らず、さらにインパクトのある仕上がりになっています。マットな質感のガルバナイズドなので高級感を損なわずにインダストリアルの要素を取り入れられますので今流行のスタイルを実現しやすいのもおすすめのポイントです。

存在感のあるベンチで空間に変化を

同じシリーズのベンチは幅160cmあり、ダイニングテーブルとコーディネートするとさらに存在感が増します。座面はテーブル

と同じくアカシア天然木で両サイドはライブエッジになっています。ベンチは1台取り入れるだけで空間に変化がつきますので、手軽におしゃれなコーディネートを実現できておすすめです。チェアはスチール素材のスピンドルチェアで、テーブルやベンチと同じくガルバナイズドを選んでいます。座面部分はエルム(ニレの木)天然木を使用していて天然木×スチールの組み合わせが全体のテイストによくマッチしています。ダイニングテーブルと素材やカラーをリンクさせるとコーディネートの失敗がなく統一感があるおしゃれな空間を演出しやすくなります。

レザーのソファーで
ヴィンテージな空間を演出

リビングダイニングの場合、ソファーの持つ雰囲気によってダイニング側に与える印象も変わります。
今回はPUレザーのダークグレーのソファーで色合いを抑えることで、ダイニングセットのインダストリアルな印象を引き立たせています。レザーのソファーは天然木×アイアンのダイニングテーブルやローテーブルとコーディネートすることでヴィンテージ風の空間を演出しやすくなりますのでトレンドを意識した空間づくりができておすすめです。

line
instagram

その他の特集