ダイニング特集

ダイニングテーブルはお部屋の中でもソファと同じくらい大きくスペースをとり、
どんなテーブルを選ぶかによって空間の雰囲気が決まると言ってもいいほど家具選びの中でも重要なメインアイテムです。
ノーチェのダイニングテーブルはデザインやサイズ、素材やカラーなども様々でバリエーションが豊富にあるため、
ご自宅や使い方に合うアイテムがきっと見つかります。
また、チェアやベンチがセットになったお得なダイニングセットも各種揃いますので、おしゃれなダイニングづくりを比較的簡単に実現することができ、
コーディネートの失敗も少なくなるのでおすすめです。
ここではダイニング選び方や、どんなテーブルがお部屋に見合うのかを考える上でのポイントを様々な視点でご紹介します。

テーブルサイズの選び方

まず一番大事なのは設置場所に対してのテーブルの大きさです。チェアとセットで使用することを前提に、人が通る導線を確保しながら設置スペースの確認をする必要があります。設置スペースが限られている場合でもテーブルのレイアウトやチェアを配置する位置などを工夫することでお部屋を広く有効的に使うことができるので家具の配置も考えておくと選びやすくなります。

天板のサイズご使用いただく上で重要なポイントが天板のサイズです。ファミリーなど大人数で使用する場合は天板の幅が比較的大きなものがおすすめですし、ひとり暮らしの場合はできるだけスペースをとらずに置けるコンパクトサイズがおすすめです。サイズの目安は1〜2名の場合は幅60〜80p2〜4名の場合は幅120〜150p4〜6名の場合は幅150〜180cmですが、幅に対して奥行の部分にチェアを配置することができればさらに2名分を確保することができますのでご使用人数と設置スペースを考慮して天板サイズを決めると使い勝手がよいテーブルを選ぶことができます。サイズを変えながら使用できるバタフライテーブル伸縮できるテーブルは日常使いと来客時とで使い分けることができるので、ライフスタイルに合わせて機能的なアイテムを選ぶのもおすすめです。伸張式や引出し付き棚板付きなどのテーブルも便利です。

天板のフォルム天板のサイズやフォルムはレイアウトにも影響します。同じ幅でもラウンド型のテーブルなら角がなく圧迫感が軽減されて人が通る導線も確保しやすくなりますが、長方形や正方形のスクエアなタイプは壁に付けて配置できるので省スペースになる、などそれぞれに利点があります。

素材の質感やカラー

また、素材の質感やカラーによってもお部屋の印象は大きく変わりますので、ウォールナットなどの濃い色合いを選べば重厚感や落ち着いた雰囲気を演出でき、オークやアッシュなどの明るい色合いを選べばナチュラルで柔らかいスタイルになります。天然木のマットな質感のアイテムは素材の風合いが強調されているので高級感があり、空間の雰囲気が増してグッとおしゃれなダイニングづくりができます。食卓を囲むことも多いテーブルをより快適に心地よくお使いいただけるよう、好みのスタイルやお部屋に合った大きさのアイテムを見つけてください。