チェア特集

NOCEのダイニングチェアは座面や背もたれにファブリックを使用しているもの、天然木の素材感を生かした木製のチェア、肘掛けがついていてゆったりと使用できるアームチェアなどがあります。見た目の雰囲気はもちろん、座り心地も様々ですのでどんな雰囲気のダイニング空間にしたいか、使い勝手や座り心地を重視したいなど、事前に決めておくことで椅子選びがスムーズになるのでおすすめです。
ファブリックチェアは空間の挿し色になるのでダイニングシーンに変化が生まれて印象が明るくなりますし、同じ色合いの木製チェアなら統一感がでて高級感が生まれます。

また、最近は椅子だけでなくベンチをコーディネートするとグッとおしゃれ感が増してワンランク上のコーディネートをお楽しみいただけます。また、座面にファブリックを取り入れたチェアはクッション性があるものが多く座り心地がよいので長時間椅子に座ることが多い方におすすめですし、アームチェアはゆったりと座れるのでダイニングシーンだけでなくデスクや寝室にレイアウトして様々な場面でご使用いただけるのでおすすめのチェアです。

選び方のポイント

テーブルに対してのチェアのサイズ

ダイニングチェアはテーブルに合わせて使用するのでテーブルとの相性を考慮して選びましょう。テーブルに合わせた際の色のバランスや使われている素材の統一感などもコーディネートする上で大事なポイントですが、一番重要なのはテーブルに対しての椅子のサイズです。
例えば、横長のダイニングテーブルにチェアを4脚合わせる場合、テーブルの片側に椅子が2脚並ぶかどうかのサイズを確認する必要があります。チェアの全体幅が広すぎると見た目のバランスも悪くなり、チェアの並びがテーブルの天板のサイズをオーバーしてしまえば使用に支障がでるのでテーブルの天板サイズを確認した上でどれくらいのサイズを選ぶべきか検討しましょう。
また、ダイニングテーブルの脚と脚の間隔をチェアの座面の高さの位置で確認しておくと使用しない際にテーブルの下にチェアを収めておくことができてダイニングまわりの導線を確保しやすくなりますし、椅子同士の間隔が窮屈だと擦れて傷がつきやすくなることもあるので注意が必要です。アームチェアの場合はアームまでの高さと天板下までの高さを確認しておくのもおすすめです。

テーブルとチェアの高さ

テーブルとチェアの高さ

見た目にはサイズが合っていてもよく見落としてしまうのがテーブルとチェアの高さの相性です。テーブルの天板の高さに対してチェアの座面が低すぎると心地よくご使用いただけない場合があります。間隔には個人差がありますが大人が使用する場合は一般的に27〜30cmくらいが適していると言われていますが身長によっても感覚が異なるので実際に座って試しながら選ぶのが失敗のないチェア選びのコツです。また、座面にクッションが入っていて沈み込むタイプの椅子は見た目や記載しているサイズだけでは判断できない場合もあるので、チェアの特徴をよく確認する必要があります。