ディスプレイと収納を叶える機能的なラックでスペースを有効活用

  1. 機能性があるアイテムを活用する。

    目隠しをしながらマガジンラックとして活用できる扉が便利なラックで収納とディスプレイを同時に叶えます。

  2. 幅を自由に変えられるラックでスペースを有効活用。

    収納物に合わせて幅を伸縮できるラックは必要に応じて簡単に幅を調節できるので無駄なスペースを作らずに使用できます。

  3. 木目調のキャビネットが多いお部屋はソファを主役に。

    木目調のキャビネットがお部屋の中の分量を大きく占める場合は主役になるソファでお部屋に雰囲気をつけるとおしゃれになります。

収納を選ぶ上では大きさやデザイン、どんな用途で使用するかなどに加えて、プラスアルファの機能性を持ったアイテムを選ぶのも賢い収納術を手に入れるポイントです。配置する空間はどうしても限られてくるのでその空間をできるだけ有効的に使うことで無駄がなくなり、より快適な日常生活を送ることができます。

扉がマガジンラックとして使用できるキャビネットは中身を隠して収納しながらお気に入りをディスプレイすることができる画期的アイテムです。お部屋を整理整頓してみせるには扉付きのアイテムが便利ですが、このキャビネットならお気に入りの雑誌や写真集などをただ置いておくだけでおしゃれな空間を演出してくれるので一石二鳥のメリットがあります。収納は4か所に分かれていますがそれぞれに棚板がないので雑誌なども立てて収納できますし、カゴなどを使用すれば小物を小分けしながら整理整頓できるので収納物の大きさに合わせて自由に使えるのが便利なポイントです。

スペースの有効活用に最も役立つのが幅を伸縮できるラックです。収納する物の量に合わせて幅を調節しながら使用できるので無駄なスペースをとることがありません。例えば主に本棚として使用する場合は増えていく本の量に合わせて幅を広げていくことができます。逆に本を整理して処分した場合は幅を縮めて使用できるので少ない量の本が倒れてしまうこともなく、お部屋のスペースにもゆとりができるので便利です。扉がないオープンラックなので小さな観葉植物や写真立てなどのディスプレイも同時に叶えることができますし、幅を広げて使えば10箇所のシェルフが設けられるのでこれお部屋に1台あるととても便利です。

今回は深いブルーの色合いが落ち着いた印象の2人掛けソファを主役にコーディネートしています。背もたれや座面が低めに設定されていて圧迫感を感じにくいのが魅力ですが、お部屋のコーディネートをする際に高さがあるアイテムを1点取り入れると空間にメリハリがついておしゃれに見えやすくなります。

  • キャビネットBF6201

    キャビネットBF6201

    目隠しにもディスプレイにも使える扉がアクセントのキャビネット

    ¥14,800(税込)

    詳細を見る

  • フリーラックBF6428

    フリーラックBF6428

    左右の棚を狭めたり広げたりして幅の調整ができるラック

    ¥19,800(税込)

    詳細を見る