ブルックリンスタイル特集

流行のブルックリンスタイルを取り入れたコーディネートをご紹介します。
ブルックリン系インテリアの特徴である「ヴィンテージ風」や「ブラック」などのダークカラーを取り入れることで
気取らずに雰囲気のあるブルックリンスタイルを演出することができます。
日本のご自宅ではちょっとハードルが高そうに思われがちなブルックリンスタイルですが、シンプルなお部屋でも
ちょっとハードな雰囲気の家具や雑貨を取り入れるだけで印象は随分変わると思います。

コーディネートのポイント

色の濃さで印象を変えてお好みの雰囲気に

色の濃さで印象を変えてお好みの雰囲気に

例えば、NOCEのソファーなら張地にPVCのブラックを使用したハードなタイプがおすすめですが、お部屋に合わせにくい場合はもう少し柔らかい雰囲気のグレーのファブリックソファーもおすすめです。グレーはブラックほどインパクトが強くないのでお手持ちの家具とも馴染みやすくてお部屋に取り入れやすいのが魅力ですし、色の濃さによっても印象が変わりますのでお好みの雰囲気により近づけることができます。

ヴィンテージ加工で雰囲気を強調

ヴィンテージ加工で雰囲気を強調

色合いがブラックやグレーではない場合でも、素材にスチールやアイアンを取り入れたアイテムや、天然木の素材感が引き立っているマットな質感のものを選んでヴィンテージ風な要素を取り入れるのもおすすめです。例えばダイニングテーブルなら無垢材や天然木の突板などの風合いを感じられるものがおすすめですが、コーディネートするチェアは同素材、同系色のものよりも素材の一部にスチールやアイアンを取り入れたチェアをコーディネートする方がブルックリンスタイルにより近づけます。
また、木部やスチールの塗装にあえて使用感を感じさせるようなヴィンテージ加工を施しているアイテムはグッとその雰囲気が強調されますし、NOCEのローテーブルやラックは脚フレームにブラックのスチール素材を取り入れたアイテムが多くありますので、こういった手軽に取り入れられるアイテムでブルックリンスタイルを表現するのもおすすめです。

ブルックリンスタイルでも家具の組み合わせ方や雑貨の使い方などで様々な雰囲気を演出することができるので、NOCEが表現するブルックリンスタイルを参考に、自分流のスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。