TC140-70Mテーブル T3534M1チェア TS3534-105Mベンチ

TC140-70Mテーブル ガルバナイズ/ナチュラル  サムネイル1 TC140-70Mテーブル ガルバナイズ/ナチュラル  サムネイル2 TC140-70Mテーブル ガルバナイズ/ナチュラル
			サムネイル3
TC140-70Mテーブル ガルバナイズ/ナチュラル
TC140-70Mテーブル ガルバナイズ/ナチュラル
¥29,800円(税込)
T3534M1チェア ガルバナイズ/ナチュラル
¥31,920円(税込)
TS3534-105Mベンチ ガルバナイズ/ナチュラル
¥17,800円(税込)

 
 

新商品のご紹介は、ガルバナイズに仕上げられたダイニング周りのアイテムです。

 

まず、「ガルバナイズ」という聞きなれない言葉からご説明させていただきたいと思います。 建築や内装、インテリアデザインに関係する方は、ご存じかと思います。
「ガルバナイズで処理してください」とか「ここは、ガルバナイズでいくか」など、よく使われるフレーズです。

ガルバナイズとは、亜鉛メッキのことです。 鉄などを亜鉛メッキで仕上げることをガルバナイズドと言います。 金属の仕上げには、光沢のある「クロームメッキ」やブリキやトタンと呼ばれる「すずメッキ」なども有名なところです。 本来、鉄など金属の酸化(サビ)を防ぐために電界処理するものであり、実用目的で装飾とは関係ありませんでした。 ただ、近年その無機的なものをマテリアルとして使用し、デザインのクオリティを高めるために使われる事が増えてきました。

 

インテリアデザインの世界だけではなく、家具そのものの素材として着目されるようになったのは、おそらくここ3,4年の事かと思います。 昨今のトレンドであるブルックリンやインダストリアル系インテリアに、無機的な工業目的で加工されたスティールがはまったと言うところでしょう。

今回ご紹介させていただくガルバナイズですが、あえて木と合わせているため、それほどハードにはならず、独特な雰囲気を持っています。 まずチェアからですが、ガルバナイズの無機感と木のナチュラル感という対極にある感性が相互にミックスされています。

 

もとの素材はT3534M1チェアで、ガルバナイズドされた以外にデザインの変更はありません。

 

ガルバナイズドされた脚は、強力なインパクトがあります。

 

次は、テーブルです。

 

スペックは、TC140-70Mとまったく同じで、脚と幕板がガルバナイズドされています。 天板にエルム材天然木無垢を使用しているため、他のアイテムよりナチュラル感がフィーチャリングされハードなイメージが和らいでいます。

 

その分ハード系のクセがなくなり、他の木製チェアとコーディネートさせても違和感がありません。 エッジの輪郭は、現行のブラックやブルーよりむしろ柔らかな感じでしょうか。

 

ガルバナイズの光沢です。

 

最後は、ベンチです。

 

イメージは、ガルバナイズドされたチェアと同じですが、ガルバナイズされたフレームが大きいため、インパクトも比例して大きくなります。 そのインパクトの強さから、「工場にポツンと置かれた感」があり、単体での使用もお部屋のアクセントとして使えそうです。

 

バックビューも整っているので独立して使用してもOKです。 素材は、スティールとエルム天然木無垢材を使用しています。

 

インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアルが中心ですが、素材に天然木を使用しているため、カフェ、ナチュラル系でも使えそうです。

 

テーブルにガルバナイズされたチェア、ベンチは、当たり前ですが、異素材のPUを使ったチェアでも木製チェアでも合いそうです

 
TC140-70Mテーブル ガルバナイズ/ナチュラル

さて価格ですが、チェア9,800円(税込)、テーブル32,800円(税込)ベンチ19,800円(税込)と現行商品より若干高くなりますが、雰囲気から考えればかなりコストパフォーマンスの高いお値打ち商品と言えるでしょう。 ガルバナイズ、新しいインテリアのスタイルさえ予感させそうな感触を是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。


この機会に是非、店頭で実際に商品に触れながらお選びください。


※お問い合わせはNOCE(ノーチェ)各店まで。

 

最近チェックした商品