SLO-03チェア

SLO-03チェア  サムネイル1 SLO-03チェア  サムネイル2 SLO-03チェア
			サムネイル3
SLO-03チェア
SLO-03チェア
¥12,000(税込)

 
 

新商品のご紹介は、細めのブラックアイアンフレームに天然木無垢材をシートと背もたれに使用した、ハード系とナチュラルを融合させたチェアをご紹介させていただきたいと思います。

 

はじめにお伝えしなければならないことございますので述べさせていただきたいと思います。
今回ご紹介させていただくSLOチェアは、NOCEで展示したところすぐに「まとめてご購入」されたお客様がいらっしゃいまして、すでに「入荷待ち」となってしまいました。

なお、表面の仕上げが異なる「チェアSDN」は在庫がございます。 デザインは、以前ご紹介させていただいたSLOダイニングテーブル、ベンチと同じラインになっています。

 

ブラックにコーティングされたミッドセンチュリー系デザインの「線の細い脚」に板状の木製シートが乗るシンプルな構造です。

 

背もたれのデザインは、シートから上に向かって左右に広がるスティールのラインに合わせた形で上部に「大きすぎず、小さすぎず」の絶妙なサイズの板状のものです。

 

この背もたれのデザインが、全体のバランスを整えています。 チェアのデザインは、この部分が重要な要素で、このバランスが悪いと「カッコ悪い」印象になってしまうのです サイドビューもしっかりしています。

 

ブラックスティールのチェアと言えば、アウトサイドで使用するチェアを想像してしまいそうですが、このチェアはそう見えません。

 

それは、デザインと天然木無垢材を使用した背もたれとシートの仕上げや質感に起因しています。

 

使用している材質は、アカシア天然木でSLOがナチュラルに仕上げられ、SDNは、少しスモークさせ使用感を強調しています。

 

これに伴って、フレームのブラックコーティングもSLOは、クリアブラックでSDNは、ざらついた「使い古した感」を演出しています。

 

2つ並べると違いがわかります。

 

インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアル系が中心ですが、カフェ系(ブルックリン系NYスタイル)やナチュラルでもいけそうです。

ベンチとテーブルで合わせるとかなり強烈な個性とインパクトで、お部屋のインテリアの中心的存在となるでしょう。

 
SLO-03チェア

さて価格ですが、SDNもSLOも同じ12,000円(税込)となっています。 SDNまたはSLOのテーブルやベンチと合わせて購入すると100,000円を超えてしまいますが比較論ですが、この雰囲気を比較論で考えればかなりコストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
無垢の木材による質感とスティールとのバランス、高級感さえ漂う雰囲気を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

この機会に是非、店頭で実際に商品に触れながらお選びください。


※お問い合わせはNOCE(ノーチェ)各店まで。

 

最近チェックした商品